スマホで自宅のドアをキーレス化できるキュリオスマートロック

キュリオスマートロックは、スマホから鍵の操作を可能にするデバイスです。

大手オンラインショッピングサイトでも、防犯グッズの売り上げランキングで上位となり、防犯意識の高まりを背景に、元々設置されているドアはそのままに、比較的リーズナブルな価格で、取り付けも簡単で、キーレスを実現できる製品として、大きな注目を集めています。

普段持ち歩いているスマホが1台あれば、鍵を管理したり、別途持ち歩く手間が、大幅に低減されます。

既存のドアの鍵に取り付け、専用のアプリをインストールすれば、簡単に自宅のドアがキーレスとなり、スマートハウスが実現します。

キュリオスマートロックは、ドアのノブから独立した形で鍵の部分が設置されているサムターンのうち、国内で流通している約80%のドアロックに対応し、上から被せる形で取り付けます。

取り付け方法は、アプリ内でも、分かりやすい図解入りで、詳しく知ることができます。

設置した瞬間から、自宅のドアはキーレスとなり、以後は、Bluetoothで接続されたスマホが鍵の役割をします。

キュリオスマートロックと、スマホをBluetoothでペアリングし、専用のアプリからワンタップで、離れた場所からでも簡単に鍵の開け閉めを操作できるだけではなく、オートロック機能を設定しておけば、忙しい時間帯にも、自動的に鍵を閉めてくれるのが便利です。

家族で利用する際は、アプリ内の合鍵を共有すれば、他の端末からの鍵も操作ができます。

合鍵には、有効期限があり、一定期間ごとに再発行したり、アプリ内で鍵の利用履歴が閲覧し、いつ、どのユーザーが鍵の開閉をしたのか、確認することもできるため、セキュリティの面でも安心です。

キュリオスマートロック本体は、リチウム電池のCR123Aを利用し、2本で約300日稼動しますが、最大4本の電池を挿入可能で、最初の2本の電池が切れると、自動的に次の2本に切り替わるという、長期に渡る駆動のための工夫がされています。

また、電池が最後の2本になったところで、スマホのアプリに対して、電池の交換時期がアナウンスされるのも、便利な機能です。

一部の建物の構造によっては、電波が届き難いことが懸念される場合があります。

そんな時のために、別売りのオプションとして、キュリオハブが用意されており、接続を中継することで、キュリオスマートロック本体から離れた場所からでも、鍵の開け閉めや、利用履歴の閲覧を可能にします。


Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) スマートフォンで自宅のドアをキーレス化 Q-SL1

コメントを残す