未来的機器を徹底比較Amazon EchoとGoogle Home

アマゾンが行っているサービスの1つとしてAmazon Echoがあります。これはアメリカで大ヒットしているサービスであって、スピーカー型の音声アシスタントです。

具体的にどんなことができるのかというと、7個のマイクが搭載されている機器を使用して部屋の中の音声を拾えます。

しかも正確に行えるため、使い勝手の良い商品tお言えるでしょう。

持っているだけでスマホいらずに機器として知られています。本体上の部分には音声を聞き取り機能を装備し、さらに声を発すればそれに対応した反応を行ってくれるのです。

音楽の再生やネット検索も簡単で、アマゾンの買い物もできる商品となっています。

通常スマートフォンを利用する時電源を入れてネット検索をしないとだめですが、Amazon Echoならそんな手間を掛けず簡単に行えるメリットを持つのです。

基本的にバッテリー装備をはしておらず、据え置きタイプとしてリビングや書斎で使用します。

グーグルもアマゾンに対応しGoogle Homeを販売しているのです。

こちらもAmazon Echo同様に対話型AIを搭載している機器であって、音声によるアシスタントを行ってくれます。

本体サイズはAmazon Echoと比較するとややコンパクトな形状となっているのです。

対応言語は英語ですが日本国内でも使用できます。スマートフォンと連動するシステムとなっているので、専用のアプリを本体にインストールするのです。

主な機能はグーグルプレイミュージックの音楽再生や動画閲覧サイトの動画再生、タスクの管理を行えます。さらに家電製品は声だけで操作できる、わからないことをネットで検索し教えてもらえるのです。

音楽再生時はクロームキャストオーディオ機能が使えるため、別のスピーカーと連携できるメリットも持ちます。

双方を比較してみるとエコー範囲が優れている、リクエストに素早く応えてくれるものが欲しければGoogle Homeにしましょう。

また値段も安く設定されているので音声アシスタントを安価に使ってみたい人に良いです。

一方Amazon Echoはアマゾンに特化したサービスを行っているだけに、アマゾンを使用したショッピングを頻繁に行う人向けといえます。

連携できる製品はアマゾンの方がダントツなので、音声アシスタントを100%堪能したい人におすすめです。

上記の長所と短所を理解して音声アシスタント導入を検討してみると良いでしょう。

コメントを残す